東京育成園のグループホーム

 

   様々な事情で家庭から離れて暮らしている子ども達に、家庭そのものの中で子育てを――との構想で、本園近隣の住宅街のさなかで、3ヶ所のグループホームが運営されています。

   当園では戦時中の疎開分園と終戦後昭和21年より同28年まで駒沢2丁目でのファミリーグループホーム運営の貴重な経験をもっていますが、昭和58年9月より、東京都ファミリーグループホーム実施要綱に基づく施設分園型グループホームを再開しました。その後平成16年3月より地域小規模施設ヒソップホーム、 同4月より分園さくらホーム,平成18年4月より分園マナの家を開所し、3ヶ所のグループホームが地域の中で担当者の熱意と愛情のもと、6人の子ども達が、お隣ご近所の皆様方の温かいご支援と濃いふれあいのもとで、一般家庭と同じ生活を営んでいます。

 

「ヒソップホーム}

  開設日:昭和58年9月1日

  所在地:世田谷区上馬5丁目

  延床面積:153.72u

「さくらホーム」

  開設日:平成16年4月1日

  所在地:世田谷区世田谷2丁目

  延床面積:109.80u

「マナの家」

  開設日:、平成18年4月1日

  所在地:世田谷区野沢2丁目

  延床面積:107.86u

グループホーム

「ヒソップホーム」

画像をクリックすると詳細が表示されます。

 

グループホーム

「さくらホーム」

画像をクリックすると詳細が表示されます。

 

グループホーム

「マナの家」

画像をクリックすると詳細が表示されます。

 

TOP